平成31年 高井会頭 年頭所感

新年あけましておめでとうございます。会員事業所の皆様におかれましては、輝かしい新春をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。昨年中は、当所の運営・事業推進に格別なるご支援とご協力を賜り、心から厚く御礼申し上げます。さて、現下の日本経済は、政府の成長戦略や外需主導の景気拡大等により、大企業を中心に業績や雇用の改善等が進み、総じて緩やかな回復基調が続いている状況にあります。  

しかしながら一方で、米中貿易摩擦の激化等による世界経済の不安の高まりや少子高齢化による国内需要の縮小、人手不足と言ったリスクも混在するなど、先行き不透明な状況でもあります。特に、人口減少に歯止めが掛からない地方においては、人手不足が深刻化し、これによる人件費の上昇や事業承継問題、原材料価格の高騰など、地域経済を支える中小・小規模事業者を取り巻く経営環境は、依然として厳しいものと思われます。加えて、今年十月には消費税率引上げも予定され、これによる消費の落ち込みが、地方経済への大打撃とならないように、しっかりとした対応策を国に望むものであります。

こうした中、企業自らが英知を絞り、効率化や省力化、女性・高齢者等の多様な人材の活用、働き方改革への対応など、生産性向上に向け、積極的に取り組んで行く必要があります。商工会議所としましても、会員事業所に対する経営支援として、個々の相談・指導等における支援体制の強化を図りながら、雇用対策をはじめ、事業承継や創業に対する支援、各種融資・助成制度の活用促進、商談会等出展による販路開拓、IT・IOT活用の促進など、更なる事業推進に一層努力して参ります。そのほか、生産性を高める設備投資は重要であり、中小・小規模事業者への新たな市独自の支援制度創設等についても、美濃市に働きかけて参ります。また、軽減税率を含む消費税率引上げについては、各事業者が円滑に対応できるよう支援して参ります。

地域経済の牽引役として、信頼され頼られる会議所づくりを目指し、今後とも役職員が全力を傾注して参りますので、皆さんのご支援・ご協力をお願い申し上げます。

本年は、新たな元号を迎える年となり、皆様方にとりまして飛躍の年となりますように、併せて皆様方のご健康ご多幸を心より祈念申し上げ、新年のご挨拶といたします。